TOP > 研修会 > 平成27年度中央リカレント・冬季教員研修会

開催終了

平成27年度
北海道幼稚園教諭中央リカレント・冬季教員研修会

「子どもの『今』に寄り添い、子どもと『未来』をきずく」
〜保育臨床の視点を大切に、保育の質を高めよう〜

【開催趣旨】

 今年度は、「子ども・子育て支援新制度」がスタートした「新制度元年」ですが、制度がどのように変わっても幼児教育の本質は変わりませんし、私たちは研修を積んで、保育者としての専門性をいままで以上に幅広く身につけていく必要があります。
 北海道幼稚園教諭養成連絡協議会と北海道私立幼稚園協会の共催として、例年冬休みに開催している本研修会は、今年度で11回目となります。「リカレント(recurrent)」とは、本来「回帰、循環、再現」という意味ですが、幼稚園教諭・保育教諭の場合に置きかえると、養成校卒業後も生涯にわたって繰り返し学び続けることであり、職場→研修→職場→研修というサイクルを確立することによって専門性を高め、保育者として育ち続けていこうという意義をもっています。
 今年度も、「子どもの『今』に寄り添い、子どもと『未来』をきずく~保育臨床の視点を大切に、保育の質を高めよう~」を全体テーマとして、基調講演と経験年数(役職)別の4つの分科会を設定しました。本研修会が、参加する多くの先生方にとって、「子どもの心を理解し受けとめる」という保育の出発点を再認識し、保育の本質を深く考える機会になることを願います。設置者、園長の皆様方には、教職員の参加について特段のご配慮をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

                                     教育研究委員長  藪   淳一 

日程・会場・参加費等

日時:平成28年1月8日(金)9:20〜16:00(受付9:00より)
場所:
〔基調講演及び第2・3・4分科会〕
札幌ガーデンパレス(札幌市中央区北1条西6丁目 TEL:011-261-5311)

〔第1分科会〕
ポールスター札幌(札幌市中央区北4条西5丁目  TEL 011-272-3838)


対象:北海道内の私立幼稚園・認定こども園の教職員並びに関係者 等
参加費:会員2,000円(昼食なし) 

LinkIcon平成27年度中央リカレント・冬季教員研修会開催要項
LinkIcon平成27年度中央リカレント・冬季教員研修会参加申込書

基調講演

〔基調講演〕9:50~11:40 (札幌ガーデンパレス2階)
演題:「保育者の資質向上を目指して」
講師:国立教育政策研究所 初等中等教育研究部 総括研究官  掘 越 紀 香 様

〔講演概要〕
「保育臨床の視点を大切に保育の質を高める」ためには、保育者一人ひとり、また保育者集団としても、子どもを見つめるまなざしの質を高めていくことが大切です。保育カンファレンス、学びのカリキュラムなど様々な視点から、子どもの心もちや育ちを理解し、日々の保育につなげていくためには、保育者として何が求められているかを考える時間にしたいと思います。

(プロフィール)
お茶の水女子大学家政学部児童学科卒業、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達学専攻(博士)単位取得後、2001年4月、大分大学教育福祉科学部講師に着任。奈良教育大学教育学部准教授を経て、2015年4月より現職。専門は、幼児教育学と保育学。学生の頃から、保育現場をフィールドとして観察、研究を進める。主な著書に、「保育実践のフィールド心理学」(共著 北大路書房)、「子どもの教育と保育の原理」(共著 建帛社)、「事例で学ぶ保育内容 言葉」(共著 萌文書林)他。

【研修俯瞰図カテゴリー E9】
(新カテゴリー B2)

分科会

各分科会名をクリックすると詳細が表示されます。
各分科会の会場は参加人数により変更となる場合がございます。

第1分科会「初任者研修」

参加対象:主に1〜2年目の教職員
会場:ポールスター札幌2階

テーマ:「楽し・苦し幼稚園の先生 〜明日からはもっと実力発揮できるように〜」
講師:名寄市立大学短期大学部 講師  傅 馬 淳一郎 先生

〔分科会概要〕
 4月に幼稚園教諭になった先生方、実習生の時とも違う4月からの10ヶ月だったでしょう。子どもたちとじっくり関わることができる反面、仕事としての厳しさも感じたのではないでしょうか?
 2年目の先生方、幼稚園の様々なことがわかってきて、楽になったことも多いでしょうが、責任も少し重くなってきたのではないでしょうか?同じような悩みを持っている1〜2年目の先生方も多いと思います。また、3年目の先生でも悩みの多い先生もいるでしょう。ご参加下さい。
 これらの先生を対象に、幼稚園に勤めて楽しかったこと、苦しかったことを話し合いましょう。そして、明日から今まで以上に生き生き元気に、物事えを前向きに考えることを目標にグループディスカッション、講師の講話などで研修を進めます。

(プロフィール)
専門分野:保育学(保育者論、保育者養成),家庭支援。 主な研究テーマ:保育者養成と保育者の成長に関する研究 
大学の講師紹介のコメントより「保育者だった頃にかかわった子どもたちが、社会人になったと耳にするようになりました。その若者の記憶にはっきりと残っていなくても、自分は保育者として育ちに関与しています。十数年前、目の前の子どもたちが、成人する姿をしっかりとイメージしながら保育をしていただろうか…。たくさんの学生たちに出会い保育者として現場に送り込みました。目の前の卒業生たちの十数年後の姿をイメージしながら、いつも願っています。明るい未来が広がっていますように…。」

【研修俯瞰図カテゴリー E5・E9】
(新カテゴリー B4・E2)

第2分科会「中堅教員研修」

会場:札幌ガーデンパレス2階

テーマ:『保育を伝えるⅠ』
    「記録をとる力、文章を書く力(文章表現)、保育を伝える力を高める」
講師:釧路専門学校こども環境科 専任講師  藤 本 朋 美 先生
コーディネーター・資料提供:北私幼教育研究副委員長  吉 田 耕一郎

〔分科会概要〕
 書くこと、伝えることは、日々の実践の中で私たちが子どもたちの学びを観察し、理解しようと努力し、理解できたことを整理することでもあります。
 園内での教員同士の情報の共有や保護者への情報発信・保育の理解にとって、書くことは重要なスキルの一つですので、演習しながら学ぶ分科会を行います。

(プロフィール)
放送大学大学院文化科学研究科文化科学専攻修士課程修了。全国大学書写書道教育学会会員、書育推進協議会会員。長崎大学教育学部教務職員(学生による授業評価、学習記録の分析等に関する研究に携わる)を経て、2013年より現職。
文字を手書きすること、学習者の文字活用能力に関する研究を行っている。

【研修俯瞰図カテゴリー D2・F1】
(新カテゴリー:同上)

第3分科会「主任・主幹/指導教諭研修」

会場:札幌ガーデンパレス2階

テーマ:『保育を伝えるⅡ - 写真と文章による記録と掲示 -
    「保育を語り、保育を伝える〜ドキュメンテーションのワークショップ」
講師:国立教育政策研究所 初等中等教育研究部 総括研究官  掘 越 紀 香 先生

〔分科会概要〕
 保育を語り合うことは、保育を振り返り保育を深く考える機会となります。また保育を伝えることは、保育の理解と子ども理解につながります。子どもの活動の様子を写真や文章で記録して掲示し、保育者・保護者・子どもが共有するドキュメンテーションがいま注目されていますが、第2分科会では、具体的な事例をもとにドキュメンテーションを作成するワークショップを行います。ドキュメンテーション作成のプロセスを経験することで、その手法を学ぶとともに、保育を「語り合い」「見える化し」「伝える」ことの意味を一緒に考えてみましょう。

【研修俯瞰図カテゴリー D2・E7】
(新カテゴリー:同上)

第4分科会「設置者・園長研修」

会場:札幌ガーデンパレス2階

テーマ:1.「平成28・29年度の教育研究課題について」
    2.「園における人材育成のしくみとしかけ」
講師:(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 研究研修委員長
   認定こども園せんりひじり幼稚園(大阪府)園長  安 達 譲 先生

〔分科会概要〕
1.「平成28・29年度の教育研究課題について」(13:00〜14:30)
 平成28・29年度の教育研究課題は、「人生のスタートにこそ良質な教育を~保育臨床の視点を大切に、保育の質を問い続けよう~」に決まりました。いま子どもたちの何を育てるべきなのか、保育の質を高めるにはどのような視点が求められているのか、全日の委員長の立場でお話しいただきます。また、リニューアルされたばかりの研修俯瞰図(研修ハンドブック)の内容や意義についても解説していただきます。

2.「園における人材育成のしくみとしかけ」(14:30〜16:00)
 園の教育力・保育力を高めていくためには、保育者一人ひとりの専門性の向上とともに、保育者集団としての同僚性の醸成も必要です。せんりひじり幼稚園における園内研修などの事例紹介をもとに、園のトップがリーダーシップを取るべき人材育成のためのしくみとしかけについて考えます。

(プロフィール)
 学校法人ひじり学園認定こども園せんりひじり幼稚園園長。(一社)大阪府私立幼稚園連盟総務委員長。現在、国立大学法人大阪教育大学非常勤講師なども務めている。

【研修俯瞰図カテゴリー 1.その他、2.E9】
(新カテゴリー:1,同上、2.B6)

平成29年度

【経営研究委員会
  ・認定こども園新制度対応委員会】
平成29年度経営・リーダー研修会(第1回・8/2)

平成28年度

【教育研究大会】
教研全体会(8/1〜2)
道央ブロック大会(8/27)
道東ブロック大会(9/24)
道北ブロック大会(10/1)
道南ブロック大会(10/8)
札幌ブロック大会(10/28〜29)
中央リカレント・冬季教員研修会(1/10)
【経営研究委員会
  ・認定こども園新制度対応委員会】
平成28年度経営・リーダー研修会(8/3)
平成28年度第2回経営・リーダー研修会(1/11)
平成28年度第3回経営・リーダー研修会(3/29)
【北海道私立幼稚園PTA連合会】
北私幼P連研修大会北見大会(9/2)

平成27年度

【教育研究大会】
教研全体会(7/30〜7/31)
道央ブロック大会(8/29)
道東ブロック大会(10/3)
道南ブロック大会(10/10)
道北ブロック大会(10/10)
札幌ブロック大会(11/6〜7)
【教育研究委員会】
中央リカレント・冬季教員研修会(1/8)
【振興委員会】
平成27年度リーダー研修会(7/29)
【経営研究委員会・振興委員会】
平成27年度経営・リーダー研修会(1/7)
【北海道私立幼稚園PTA連合会】
北私幼P連研修大会江別大会(9/3)

平成26年度

教研全体会(7/31〜8/1)
教研道央ブロック大会(8/30)
教研道北ブロック大会(9/27)
教研札幌ブロック大会(10/3〜4)
教研道東ブロック大会(10/4)
教研道南ブロック大会(10/11)
中央リカレント・冬季教員研修会(1/8)
経営・リーダー研修会(3/27)

平成25年度

教研全体会(7/31〜8/1)
教研道央ブロック大会(8/30)
教研道北ブロック大会(9/27)
教研札幌ブロック大会(10/3〜4)
教研道東ブロック大会(10/4)
教研道南ブロック大会(10/11)
中央リカレント・冬季教員研修会(1/8)
経営・リーダー研修会(3/27)